新規事業を成功へ導く人材を目指して

倉持 翼 (Kuramochi Tsubasa)

職種:新規事業コンサルタント
役職:コンサルタント
経歴:大手アパレル小売業→プライマル中途入社

大きな企業をさらに大きくするより、自ら立ち上げることを選択

新卒で大手アパレル小売業に入社後、プライマルに転職しました。学生時代から「将来は事業経営者になりたい!」という想いがあり、憧れていた経営者がいる会社を最初のキャリアとして選択しました。実力主義で出世が早く、海外での経験も積めるという点で、環境的にも自分の希望にピッタリの会社でした。

しかし、その環境にい続けては憧れていた経営者にはなれないと気付きました。自分が出世して社長になったとしても創業者ではないからです。

経営資源もすでに揃っており、世界的に大きくなった事業を更に大きくするより、まだ誰もやっていないことを立上げ育てていく真の経営者人材を目指したい。そのために1から作り上げる環境に行こうと思い、出合ったのがプライマルです。新規事業のコンサルティングに特化しているだけでなく、自社でも新規事業を次々に立ち上げている姿勢を見て、他のコンサルティング会社より事業経営者のマインドを持った集団という印象がありました。入社後もイメージ通り経営者人材が多い会社だと感じています。

意思決定にかかわるポジションの醍醐味

現在、主に2つの仕事に取り組んでいます。1つめはクライアントのクラウドストレージサービスのデータ分析です。まずアプリ利用ユーザーの行動ログをデータベースから抽出し、様々な分析手法を用いてサービスのKPIとなる指標を設定後、PDCAを回しています。どんなに優れたアプリをリリースしたとしてもどこかでユーザーニーズとのギャップが発生します。そのためにユーザーの行動をもとにデータを分析し、そこで得られた示唆をもとに改善、ブラッシュアップしていくといった地道な施策が必要です。

そうした意味でデータ分析というポジションはアプリ事業における中核的な存在であり、クライアントの意思決定に大きく影響を与えられることから、非常にやりがいを感じています。データ分析は未経験の分野でしたが、今では得意分野になっています。

2つめは自社新規事業の立ち上げです。「愛の告白を不要にする」というテーマでスマホアプリサービスを立ち上げています。リリース前なので詳細は割愛しますが、リリースされれば世界の恋愛のあり方が大きく変わる事業だと思っています。

きっかけは社内研修です。参加者1人1つずつ新規事業案を立案し、そのフィードバックを全員で行うというものでしたが、面白みを狙って考えた本事業案が意外にも共感を得たのです。そこから本格的に練り、取締役員陣へプレゼンを経て可決に。プライマルは月に1度「新規事業報告会」という場があり、階級・社歴・経験を問わず、全てのメンバーが新規事業案を提案することができるのです。事業計画書をはじめて書いたタイミングでもありました。

お客様のアプリ分析の支援をさせていただいているものの、自ら1から進めるとなると勝手は違います。要件定義やワイヤーフレーム作成をはじめ、限られた予算のなかで要件を満たしてくれるベンダー探しに非常に苦心しました。最終的に社内のネットワークの協力のもと、全ての条件を満たすベンダーに出合えましたが、コンサルタントとしてお客様を支援する立場、そして社内の新規事業を興す立場それぞれ経験できることが、経営者人材を輩出するプライマルのメカニズムだと感じています。

事業を立ち上げるだけなら誰にでもできますが、軌道に乗せ、半永久的に存続させることが経営者の使命と思っています。新規事業を成功させる人間になるべく尽力していきたいと思います。

社員インタービュー一覧